2014年11月02日

「イデターフ」で寒くても緑が濃い芝生

出光テクノマルシェファンサイト参加中

夫がコツコツとタネをまいている芝生エリアに
「イデターフ」を使ってみました
イデターフはケイ酸含有率が高い、芝の生育促進剤です

粉状です
DSCN0166
DSCN0166 posted by (C)BieNe


芝は葉の先端に「ケイ酸」が含まれていますが、
芝の刈り込みを行うたびに、この先端を刈ってしまうので、
「ケイ酸」を失ってしまうそうです。

重さをはかって、水に混ぜて散布します
DSCN0167
DSCN0167 posted by (C)BieNe

そこで、ケイ酸をイデターフで与えることで、
葉の強度が増し、芝の葉色や色持ちが良くなるそうです

芝刈りしてからイデターフをまきます
DSCN0171
DSCN0171 posted by (C)BieNe

特に秋の色持ちと、翌春の芽吹きが違うそうで
確かにもう霜もおりた我が家の庭ですが
緑が濃く、芝生がつやつやしているんじゃないかと思います!!

2014年9月20日
DSCN0232
DSCN0232 posted by (C)BieNe


2014年11月2日
DSCN0348
DSCN0348 posted by (C)BieNe


イデコンポガーデンEVのご紹介動画(You Tube)
posted by BieNe at 15:25| Comment(0) | モニターレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。